お金を借りること全般にかなり抵抗があります

お金を借りるということ全般に対して私にはかなり抵抗があります。家族や友人などからの借金はもちろんのこと、銀行や消費者金融からの融資にも抵抗を持っています。

おそらく自分の中で「お金を借りる=誰か(何か)の奴隷になる」というイメージがあるからです。欲しい物を手に入れた引き換えに、自分の自由が失われるような感覚があるからです。借金には、相手が誰であれ、借りた瞬間から返済の義務が生じます。この「返済の義務」が重たいのです。

例えば生活費が足りないといって金を借りるとします。おそらくそのような状況では、元々余裕がなくて借りるわけですから、容易には返済できると思えません。利息がつく場合などはなおさら返済が厳しくなるでしょう。借りたら最後、多重債務まっしぐらのイメージがあります。

贅沢品のための借金にはさらに抵抗があります。欲しい物が手に入った時の喜びは素晴らしいものですが、それ以上に後から重いツケがくる感覚がイヤです。将来本当に自分が返済しきれるのか心配でなりません。

そんな小心者の自分ですので、住宅ローンのような大きな借金は自分には重すぎて考えたこともありません。